太陽光発電は各家庭が取り込みやすいというメリット

太陽光発電は各家庭が取り込みやすいというメリット

太陽光発電は各家庭が取り込みやすいというメリット

太陽光発電は各家庭が取り込みやすいというメリットはありますが、普及させるために助成金などで政策された結果、あちこちで雑木林や山などが切り開かれて太陽光発電のパネルを設置しているのを見ます。自然に優しいはずの太陽光発電が自然を破壊してまで設置されているのはどうかと思います。なので設置する場所によっては太陽光による近隣への熱や光による悪影響がおこり、トラブルになることがあると思います。また、山や木を切り開いての設置だと土砂崩れなども起こりやすくなると思います。また、発電した電気の買取料金が今後どうなるのかが読めないリスクもあるので買取によって金銭を稼ごうと考えるのは間違いだと思います。

 

 

 

なので各家庭内で賄える程度の太陽光発電を屋根に少し設置というのは賛成ですが周りへの太陽光を奪ってまで大々的に普及活動を行う必要はないと思います。

火力発電は現在の日本には必要不可欠だと思います

原子力発電所を民意により稼働できず、水力、風力など自然エネルギーによる発電設備がまだまだしっかりと確立できていない現在では火力発電がなければ日本での生活、あらゆる活動ができないからです。もうすでにある原子力発電は放置していてもしょうがないので稼働させて火力発電を減らす努力をしたらいいのにと素人の意見ですが思います。

 

環境に対しての火力発電はやはり、石油などでたくさんの火力を生産しているのですごく大量の二酸化炭素を排出していると思うと火力発電を推進していくことは賛成できません。

現在、日本の発電方式は火力発電が大部分を占めています

私は絶対に必要だと思っています。

 

現在、日本の発電方式は火力発電が大部分を占めています。火力発電には、石炭や石油などといった化石燃料が必要であり、そのコストはばかになりません。

 

環境問題(温暖化)への影響も懸念されています。

 

その点、原子力発電はコストを低く抑えて、多くの電力を発電することができます。未だに原発事故の影響等が叫ばれていますが、厳しい審査基準を満たした原子炉は安全であり、福島第一原子力発電所のような事故は稀です。したがって、私は原子力発電を推進しているため、原子力発電は必要だと考えます。

自然エネルギーを活用する太陽光発電は、環境にも優しく、今後も必要だと考えます。

しかし、いざ自宅に発電設備を新たに設置するとなると、莫大な費用がかかってしまうため躊躇してしまうと思います。

 

また、現在は空き地等に太陽光発電設備を設置している地方自治体や企業・事業所も多いですが、観光地等に設置してしまうと、その景観が損なわれるような気がしてなりません。そうならないためにも条例等で規制を設けるべきだと思います。

 

より多く、太陽光発電を普及させるためには、やはり国の助成金が必要だと思います。設置費用の3割を国が負担してくれれば、太陽光発電システム設置を考える家庭が増えることでしょう。

太陽光発電は儲かるのか?

私はあまり儲からないと思います。広大な土地に発電設備を設置すれば別ですが、一般家庭で設置するような発電設備では決して儲からないと思います。

 

ですが、その発電した電力を自分自身、つまり自宅で使うことによって電気代の節約は期待できると思います。