太陽光発電は家庭の屋根に設置することでその家庭の電気代の節約になる

太陽光発電は家庭の屋根に設置することでその家庭の電気代の節約になる

太陽光発電は家庭の屋根に設置することでその家庭の電気代の節約

または電力会社の買い取りによる収入を得ることができるクリーンエネルギーであるからです。近年では山や田畑を利用して大規模な太陽光発電を行っているような場所もあります。ただ、天気に左右されるということもありますが、太陽光発電自体が大きな発電力を持たない為、太陽光パネルを多く設置する必要があります。しかし、太陽光パネルを設置するためにはそれなりの初期投資費用が必要となり、また、建物の形や周辺環境にあわせた設置を安全に行う必要があるため、個人で簡単には設置し難い現実もあると考えられます。将来的に太陽光パネルの発電効率UP・低コスト化が進み、どの家庭でも導入が簡単に行えるようになれれば、原子力発電等の代わりになり現在の主流の発電方法からの転換が期待できるので、今後の展開に期待したいです。

太陽光発電は儲かるのか?

現状ではあまり儲からないのではと思います。初期投資コストが高額で、回収するまで何十年と必要となりますので現状では回収する頃には新しい太陽光パネルとの交換が必要になる可能性も考えられます。太陽光パネルの発電効率UP・低コスト化が進み、家庭での導入が簡単に行えるようになれば副収入として考慮できるレベルになるのではと思います。

原子力発電は必要か?

必要と考えます。現状、日本の電力は原子力発電によって賄われているといっても過言ではありません。火力発電で賄うという方法もありますが、その場合は燃料費が高騰して結果、電気代が大幅に上がり我々の生活に大きな影響を及ぼします。ですが、原子力発電所は先の福島原発事故のような危険を秘めており、また、施設の老朽化が進んでいるものばかりのため、いつまでも原子力発電に頼り続けるのは現実的ではないと思います。太陽光発電のような新しい発電方法も普及してはおりますが、まだまだ原子力発電の代わりになるようなものではありません。早く原子力の代わりになるようなクリーンエネルギーが開発され、国内に普及されることを切に願います。

火力発電は石炭や石油を燃やして、水を熱して発電する仕組み

日本で1番多い発電方式であるので、もちろんこれからも必要で、他の発電に変えるのは厳しいように感じる。なぜなら、他の発電所を作るのにもお金と時間がかかるし、今稼働してる発電所を止めるのにもお金と時間がかかるからである。さらに、火力発電は他の発電と違って石油と石炭などの化石燃料を燃やすだけでいいので量も調整しやすいし、効率がいいように感じる。環境に対する懸念ももちろんあるが、それを気にしていたら、エネルギー供給がまかないきれないと考えている。

太陽光発電のメリットデメリットとは?

太陽光発電のデメリットはなにより、太陽が出てない時にしか発電できないことである。天気というのは、天気予報が多く外れるのを鑑みても、とても不安定で予測不可能なものである。そのような発電に、日本の発電を任せていたら、エネルギー供給がまったく間に合わなくなり、日本が崩壊してしまうと思う。また、太陽光発電を作るのにも、お金が多くかかるだろうし、本当につくるのなら、どれくらい発電できるのかとつくるのにかかるお金をきちんと計算してつくらないと、ただのムダになりかねない。だから、リスクは高いし、普及すべきと簡単にいうことはできない。